くろたんくブログ

Practice Makes Permanent

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年 9月 19日 木曜日 22:47:13 JST(modified: 2019年 9月 19日 木曜日 23:04:04 JST)
views: 225, keywords: Tech, Colab

ColabでTensorBoardをセル内に出力する(Pytorch)

最近、サーバーでごにょごにょやる前にColabで処理するので、いちいちmatplotlibでlossとかimageとか見たいが、TensorBoardをセル内に出す手順がよくわかっていなかったので整理。

Pytorch v1.1.0ではTensorBoardが公式にサポートされたおかげでだいぶ楽。
ドキュメントによれば、監視機能はTensorBoardと同様(だと思う)。

注意点は、TensorBoardが1.14.0以上である必要がある。

!pip install tb-nightly

としておいて、

# TensorBoardをセルで表示
        %load_ext tensorboard
        %tensorboard --logdir ./runs

もしかすると、全画面表示されないので、オレンジ色の枠が見えたら、セルの右上から全画面表示してesc

あとは、SummaryWriterをPytorchからimportする

from torch.utils.tensorboard import SummaryWriter

あとは、 writer.add_scalar, writer.add_imageなりすれば、リアルタイムにセル内で描画できる。
参考までにColabを共有

追記:--logdir ./runsとしているけど、デフォルトがそうなだけだから、SummaryWriterで適宜設定して、それを指定すればmountした好きなディレクトリにできる

prev:新しい家族ができた next:ColabでVNCをつかってMineRL